米子市を中心として在宅医療を展開するよだか診療所のスタッフをご紹介。

スタッフ紹介

医師
前角 衣美

「いま・ここ」を大切に生きるものの

一人として、診療にうかがいます。


2005年3月

  米子東高校卒、 同年4月 鳥取大学医学部入学。

2011年3月

  鳥取大学卒、2013年3月 臨床研修修了。
2013年4月

  鳥取大学医学部附属病院血液内科勤務。
2016年1月

 同院緩和ケア科勤務(緩和ケアチーム専属)。
2016年7月

  同院救急科勤務(退院調整担当)。
2016年12月

    松江市立病院緩和ケア病棟研修。
2017年4月

  松江赤十字病院血液内科勤務。
2017年10月

    機能強化型在支診 ひだまりクリニック勤務。
2019年11月

    在支診 よだか診療所設立。

【附属学会】
日本内科学会 日本緩和医療学会 日本血液学会

勤務医時代のがん治療・看取り・療養支援の経験から
在宅医療の道を志す。

医療・介護の枠を超えた多職種連携を軸に、
患者本人の声を主体にした診療展開が信条。

趣味は三食昼寝、家事育児、園芸。
好きな言葉
「圧倒的!!」

 
看護師
谷口 裕子

これまでの急性期病院、クリニックなどの経験を活かし、患者さま、ご家族様の心に寄り添い、安心して過ごしていただけるようなかかわりを目指します。

どんなことでも 声をおかけください。

 
 
看護師
​石原 桃子

患者様、ご家族の気持ちを第一に考え看護を提供します。

趣味は時々パン教室に通うこと、

好きな言葉は「継続は力なり」

 
 
image1 (7).jpeg
事務
​梶谷 みつ子

患者さま、ご家族様がいつもたのしく、

​安心して過ごせるように寄り添っていきます。そして皆様の下に、笑顔の花をいっぱい届けたいと思います。

 
瀬尾さん横.jpg
事務
​瀬尾 麻友美

大好きな場所、慣れ親しみ落ち着く場所で、大切な誰かと一緒に

そんな在宅医療を支える一員でいたいです。かげながら力になりたいと思います。

%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%

朝に夕に 繰り返す毎日の中で

四季がめぐる

明日もまた朝日がのぼる

いま ここに生きる

米子の暮らしを支える
よだか診療所
〒683-0064 鳥取県米子市道笑町1丁目111番地
Tel 0859-33-1110 Fax 0859-33-1115
Mail  admin@yodaka-clinic.com​​