検索
  • 米子の暮らしを支える よだか診療所

命が茂る・新緑にACPを重ねて




新緑の季節、人の命も輝きを増すかのようです。 私たちは毎日いろいろな場面に遭遇しながら奮闘しています。 今回はACPなんて大層なお話なのですが。 なんと言っても、これに尽きるのです。 「定命を全うしたい」 最近初めて目にした言葉です。定められた命。 私たちの定命はどこにあるのでしょうか。 「家にずっといたい」 どんなことがあっても―という前置きがある方もいます。 「もう死んでもええやな」と仰いながら、 血圧やコレステロールを気にしている人。お話していて心がほころびます。 生への執着が人を強くしてくれることがあるからです。 「もういいの」 助かるのに症状緩和にしか目がいかないのは惜しい。 生きる気力さえあれば、乗り越えられる病もあるかもしれないのに。 逆に生きがいのない延命は空しい。 誰のために生きていたいか、分かっている人は強い。 「死と向き合う」とか、「死にゆく人に寄り添う」とか、 そんな美辞麗句だけで在宅医療は語れないと思う。

そんなこと言ったら、生きてる人は全員死と向き合って、 いつか死にゆく自分に思いを馳せなきゃおかしい。

そんなことが出来る人達はごく限られている。 とても心の強い方達です。

その人達に賞賛や賛美、エールを送りつつも、 そうでない人を責めたり非難する気持ちにはなれません。


生きることは苦しい。 どんな病気だって、あなたの歩く力を奪ってしまうような病は辛い。 迷いに満ちていて、どうしようもできない身体があって。 伝わらない気持ちがあって、わだかまりもある。 だからって、死をそのまま受け入れられる人なんているかな。 みんな生きていたいし、少しでも一緒に居たい。 じゃあそれでいいじゃないか、それで行こうじゃないかと思う。 どうせいつか終わりは来るけども、 辛くなくて、愉しい思いが出来ればいい。 みんな生の真っただ中で、生きる力を精いっぱい輝かせて。 そうやって生にまみれて、 こんなにも命の交差点の真ん中で、狂ったように私たちは仕事している。

だから諦めないでほしいと思う。 あなたが大切にしているひとと、一緒に過ごす時間。

それが家であれと言うならそうすればいいし、そうじゃないどこかだとしたら、 送り出したり訪ねたりしていきたい。


こうやって私たちが狂ったように守っている1日1日が、 誰かにとってかけがえのない大切な日であればと思う。

もちろん大したことない、なんてことない1日も大歓迎。 青葉が茂るように、我々も生きる力を巡らせよう。 今ここにある私たちの平凡な毎日が、1年の中でもっともまぶしく 感じられるこの季節に。




0回の閲覧

朝に夕に 繰り返す毎日の中で

四季がめぐる

明日もまた朝日がのぼる

いま ここに生きる

米子の暮らしを支える
よだか診療所
〒683-0064 鳥取県米子市道笑町1丁目111番地
Tel 0859-33-1110 Fax 0859-33-1115
Mail  admin@yodaka-clinic.com​​