朝に夕に 繰り返す毎日の中で

四季がめぐる

明日もまた朝日がのぼる

いま ここに生きる

米子の暮らしを支える
よだか診療所
〒683-0064 鳥取県米子市道笑町1丁目111番地
Tel 0859-33-1110 Fax 0859-33-1115
Mail  admin@yodaka-clinic.com​​
検索
  • 米子の暮らしを支える よだか診療所

在宅医療   一緒に過ごす幸せと 看る辛さ

愉しいわけないことを楽しくする その奇妙さ。奥深さ。



末期がんの方たちに、自宅で最後まで過ごすという選択肢が はっきりと示されつつある昨今。

在宅医に課された宿題は数え切れません。

例えば、取り切れない苦痛、長引く発熱、下がったままの血圧、 出血の恐怖。

どうしてでしょう、もう先は長くないと分かっていて、 いつかお別れの時が来るという現実を、 受け止めたうえで一緒に過ごしているのに。

何度も何度も聞いた話が重たくて、受け止めきれなくて、 涙が止まらないのが当たり前でしょう。

いざという時にすべて気持ちを整えて、備えるなんてこと、 出来るわけないでしょう。

だから我々は狂ったみたいに全力を尽くさないといけない。 「充分だった」なんてことは決してないって思わなくっちゃいけない。 それくらい医療者にとって、過酷なケアなんだ、 という見方もできるんじゃないかな。

だから患者さんも家族さんも、私たちも、愉しみが見つけられないとだめ。 食事とかお風呂とか、音楽とかマッサージとか、団らんとか。

思い出を残してもらう大事な時間なのだから。 クスッと笑えるような穏やかさが必要。 できれば溢れんばかりの愛があってほしい。

大切な人を喪う、その最後の時に、花も実もあって穏やかであってほしい。

この難問にみんなで立ち向かえば、答えは自然と見えてくる。 だからこの仕事は楽しい。 不謹慎かもしれませんが、私たちは踊るように仕事する。

よかったらあなたも、飛び込んでみませんか。




44回の閲覧