延命治療と愛。




「先生、その方その介護サービスがないと生きていけません」




生きるとは何か。どこからが延命治療なのか。 心臓が鼓動し、呼吸が続き、食事は消化され糞便となり… 痛みはなく、熱もない。室温は快適に保たれている。私たちの日常とはそんなものでしょうか。


それは違うとみんな分かっているはずなのに。

言葉を失った人でも、身体の自由がきかない人であっても、 喜びや安らぎや、希望がないと、ひとは生きていけないから、 それをサービスで提供するとなると、どんなサービスになるでしょうか。



多分そのサービスは、何の加算も取れないだろうし、 やたらと評判になって、人気を博することもないんじゃないかな。 お金にならないし、喜んでくれる対象は自由な表現ができなかったりするわけで。




そんな弱い立場の人たちに、家族さんがされているサービスはとても自然だ。 食べやすいようにお菓子を牛乳に浸して出す。 焼酎の湯割りにとろみをつける。 好きなアニメをつけておく。




でも生きていくって、延命ってそういうことじゃないだろうか。



それがその人にとっての人生の本質であって、生きづらい世の中を 生きていくための心の支えになっている。



ではなんで彼らはそれに気づけるのか。 生きていてほしいからではないでしょうか。

辛い余生を生きていくために必要なのはサービスではなくて、 生きていてほしいと思う誰かの愛だと思う。




愛がなかった時どう生きるか。 サービスで愛が伝わればいいと思う。




次の報酬改定の時にでも、愛を物差しで測るような仕組みができればいいのにな。

綺麗ごとは言わない。お金で成り立つ愛があったっていいと思う。 心が温かければそれで。