朝に夕に 繰り返す毎日の中で

四季がめぐる

明日もまた朝日がのぼる

いま ここに生きる

米子の暮らしを支える
よだか診療所
〒683-0064 鳥取県米子市道笑町1丁目111番地
Tel 0859-33-1110 Fax 0859-33-1115
Mail  admin@yodaka-clinic.com​​
検索
  • 米子の暮らしを支える よだか診療所

新年のごあいさつに替えて ロダーリのお話

皆さま、明けましておめでとうございます。 新しい一年の始まりとともに、よだか診療所からご挨拶申し上げます。

昨年11月1日に開業しはや2か月、慣れない作業に課題も残りましたが、 様々な出会いと、これまでに培ってきた地域の繋がりを生かして、 本年は今までの仕事をより確かに、それからもっと在宅医療を 沢山の方々にお届けできるよう、活動してまいります。

私の好きな作家に、ジャンニ・ロダーリ(1920~1980)がいます。 激動のイタリアを生きた彼は、子供に向けて沢山の含蓄あふれる 童話を残しました。 短編集の巻末にある、「地球と人ものがたり」はこんなお話です。

人間が地球に誕生したころ、地球には何にもなかった。

食べようと思ってもナイフもフライパンも、火もなかった。 疲れて休もうと思っても、ベッドもなかった。 全部自分たちの手で、作り出さなければならなかった。

これからも地球に未だないものを、私たちは腕まくりして、 休まず作り出していく――。 このお話を読んだとき、とても勇気が湧きました。

当院に新たなスタッフを迎えながら、 訪問看護ステーション、リハビリ、通所施設、そして病床など、 この地域にある貴重な資源と引き続き連携しながら、個々の暮らしにあったアイデアを ご案内していきたいと思います。

がん・心不全・難病・認知症の方々の治療を、それぞれの分野の緩和医療を充実させつつ、 在宅で発展させていきます。

そして、最期の時間を自宅で過ごされる方に、 少しでも心地よいひとときを過ごしていただけるよう、 アロマテラピーを組み合わせたケアも、少しずつご案内してまいります。

今ここにないもので困っているのなら、作っていくしかない。 「こんな状態で家に住めるわけがない」という概念を、 うれしい驚きと安心で覆せるような在宅医療が地域で実現できるよう、 取り組んでいきます。

悩んだり怒ったり、落ち込んだりもしますが、 下を向いたり嘆いているだけではなく、腕まくりをして、この両手で前に進む答えを 作り出していける者であり続けたい。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。




39回の閲覧