朝に夕に 繰り返す毎日の中で

四季がめぐる

明日もまた朝日がのぼる

いま ここに生きる

米子の暮らしを支える
よだか診療所
〒683-0064 鳥取県米子市道笑町1丁目111番地
Tel 0859-33-1110 Fax 0859-33-1115
Mail  admin@yodaka-clinic.com​​
検索
  • 米子の暮らしを支える よだか診療所

猫と認知症とあなた


宮沢賢治の童話「猫の事務所」を知っていますか。 主人公のかま猫は、寒がりなのでかまどの中で眠る癖があり、 「薄汚い」とほかの猫から疎んじられ、排除されます。 突然ですが、こんな想像してみてもらっていいですか。 あなたは一人で呑気に暮らしていて、そこは若い時からずうっと住み慣れた家だとしましょう。 幾瀬も過ぎて、すっかり歳を取って、体の動かしづらいところが出てきました。 疲れて頭がぼうっとすることもあるけれど、なんだ今も変わらずあなたは元気です。


するとある日突然、誰かが戸を叩いて、「大丈夫ですか、お困りごとはないですか」と聞くではないですか。 困ってはいるけど何に困っているかははっきりしないので、 「生きてれば誰だって困りごとくらいあるよ」程度のことしか言えませんでした。 するとまた別の日、誰かがやって来て、「さてどうだ、施設に入ってみないか」と言うのです。 「ちょっとの間」と言われるけれど、どのくらいかしら。 何だか家には二度と戻れない気がしました。 なんでか下手すると、「入院してください」と言われるのです。 特に心も体も困ってない。治したいものなんてないのに、さてどうして病院なんかに。 みなさんじつに不思議です。 元気なのに突然「入院してください」って言われたことありますか。 そんなこときっとないでしょう。 かま猫はどうでしょう。彼だってありのままの自分でよかったはずです。



自分たちとまわりに違いがあって、差があって、一緒には生きていけないと言われたら、 どんなに悲しいことでしょう。 入院で治療できる認知症症状は、病型が限られています。 自宅での暮らしが破綻していると判断するのであれば、 彼らに必要なのは生活の場です。 病院に住むということがどんなことなのか、試しにあなたが半年くらい、 入院できたらいいのですが。 そんな失礼なことを言ってしまうくらい、私はあなたに分かってほしいのです。 認知症患者さんと私たちの間に、境界なんかあってほしくないからです。 ガラスの向こうの生き物を見るような目で、彼らを見てほしくないのです。 彼らは「助けてあげないといけない」存在ではないはずです。 あるがまま、そこに存在していることに、私たちと何の違いもない。 保育園で進級する時、子供が戸惑い疲労するように、 彼らが家を離れるとき、大きな緊張と苦痛、負担を強いることになりかねない。 大切な思い出や、自らの身を立てる、自立する力を失いつつある彼らにとって、 家は残された最後の砦と映るのではないでしょうか。 そこを旅立って、新しい居場所に適応する価値があればいいけれど。 家よりずうっと、いいところならいいけれど。 彼らに必要なのは、専門的な知識に裏付けされた支援とケアです。 「思いやり」とか「人道」とか、そんな上から降ってきて押し付けられるものではなくて。 同じ志で地域で活動してくれる方が一人でも増えてほしい。 行動の春にしたいものです。



36回の閲覧