検索
  • 米子の暮らしを支える よだか診療所

【2021年所感 ~近未来感がすごいのに~】

新しい1年が来ました。

2021年。何か1歩踏み出した感がある数字ですね。



昨年はコロナ、コロナだらけ。

コロナしかなかったかと言われれば、決してそうではありません。



かのイタリア近代童話作家、ジャンニ・ロダーリが

私たちに伝えたかったこと―

「この両腕を使って 今までなかったもの・足りなかったものを

世界に生み出し続けていくこと」を、

自分たちなりに考え、取り組み、一時ごちゃごちゃになりつつも、

そんな時はしばしば焼き肉を食べ、小児と同レベルの仮眠を取り、

仲間たちで再びまとめあげ、文字通り叫び、

一つ一つの答えを出そうと走り抜けた1年でした。



やってみたこと…枚挙にいとまがないのですが、

輸血だって腹水穿刺だって不思議なドレーンだってカテコラミンだって、

何だっていいじゃないかと受け入れていけたことは収穫でした。


一方で気が付いたのが、在宅中心静脈栄養の凄まじい普及…。

ぼーっとしているとあっちにもこっちにも高カロリー輸液が。]


*注)

 (胃瘻より抵抗がないのかもしれません。「点滴すると元気になる」

  イメージがこれを後押ししているのかもしれません。

  経腸栄養の拡充が大前提なのはもちろんのことです。

  誤嚥性肺炎との付き合い方も分かりかけた1年でした。)




しかし、大きな課題は別にあります。

それはやはり、

かなりシンプルで普遍的な問いかけだったのでした。



「ずっと一緒に居たい、いつまでも生きていてほしい」

じゃあ救急車呼ばないといけないんでしょうか。

「こんな体で家族に迷惑かけたくない」

そんならずっと入院してたり、入所してたほうがいいのでしょうか。



そんなに単純な願いではないのです。

私達はそのような問いに、理性的で知見に富んだ、かつ寛容な姿勢で臨みたい。



在宅医療のルールは一見複雑だけどシンプルなもので、

「こんな状態なのに家に居ちゃいかん」という取り決めはありません。

大切なのは個々のケースで、より具体的に的確に。


「ここが凝ってるじゃん」というピンポイントの分析と、

「まぁそうだよね」という受け止めを繰り返していくことです。


決して冷徹な知性ではなく、人間臭い悩みのために、誰に対しても

寛容さをいつも忘れずにいたいと思います。




降っても散っても、いつもの場所で過ごせる愉しみを一人でも多くの方と

分かち合えるように。




書初めしてみました。





本年もよろしくお願いいたします。

351回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示